スキップしてメイン コンテンツに移動

生け花とフラワーアレンジメントと言葉

こちらのフラワーアレンジメントと日本の生け花と違うのは、生け花は空間に動きをつけ、時間の流れを表現する為に、非対称な形で生けるのに対し、フラワーアレンジメントでは、3次元のどこからみても統一した形になるように生けるところにあります。生け花では、何もない空間に余韻を持たせるのと違って、フラワーアレンジメントは、なるべく空間をなくしてぎっしり埋めるのが良いようです。

 

部屋のインテリアも同じで、日本風のインテリアはミニマリズムで、和室にはなるべく物を置いたり飾ったりしないようにしますが、こちらは、壁には沢山絵を飾ります。日本でアパートやマンションを借りると、壁に釘一本打てないところもありますが、こちらは引越しすると、まず壁に絵や写真を沢山かけて飾るために、ドリルで穴をあけるところから始めます。なので、私のように引っ越しが多いジプシー生活では、ドリルは必須アイテムです。アパートやマンションを明け渡す時は、あいた穴を漆喰で埋めて、壁をペンキで塗りなおせば良いので、心配はいりません。


こちらの人は、壁に何も飾ってなかったり、部屋に何もない空間があったりすると、不安になるようです。普段の会話でも同じで、二人以上人がいて、沈黙が訪れるのが怖いようです。だから、しゃべりまくります。沈黙に何かを読み取ったり感じ取ったり出来るのは、日本人だけかもしれません。男女間で、目で語り合ったり、女の伏せた眼差しや男の沈黙に、何かメッセージを読み取ったりするということも、あまりないようです。なので、しゃべって自分の感情を語らないと、大きな誤解を招くこともあり、注意が必要です。 


遅刻した時や仕事でミスした時など、こちらの人は言い訳を沢山並べるという印象を、日本人は受けます。そして日本人はそれを「言い訳」ととらえ、ラテン系の人は言い訳がうまい、と考えるのですが、彼らは言い訳というより、沈黙が怖くて、ありとあらゆる事実をしゃべりまくっているだけと考えた方が良いでしょう。日本人の上司に対してそれをやると、言い訳を聞く方の日本人は、苦虫を噛み潰した顔で黙ってそれを聞きくだけですが、そうするとその沈黙に耐えられず、何かしゃべらなければマズイと思う彼らは、ますます言い訳を膨らませます。思いつく限りの事実を述べまくり、事実を膨らませるために、事実にはならなかった想像ごとも付け加えます。しゃべっているうちに自分でも収拾がつかなくなり、心の内で「頼むから誰か止めてくれ」と思っているようですらあります。だから、その言葉の洪水の中で見つかる矛盾を冷静に指摘すると、「そうです、貴方のおっしゃる通りです、ごめんなさい」とむしろホッとした顔で言われて、だったら最初から謝れよ、と思うことが、しばしばです。

ただこれは白人系の人に多く、インディオ系は、外見同様日本人と少し似ているところがあって、沈黙を徳とするようなところもあります。


仕事をこちらの人に教える時、日本人は、「そんなことまでいちいち教えなくても」と思いがちですが、一から十まで事細かく説明しないと、なかなか理解してもらえません。また、言わなくてもわかってもらえると思うのも大きな間違いです。征服者と被征服民族、移民、異文化、異言語が混ざった社会を築いてきた歴史があるので、面倒くさがらないで話をきいたり説明することは、誤解を避けるために重要ですね。


コメント

このブログの人気の投稿

今日の収穫と、ラテンの帽子イロイロ

なんだか毎週土曜はお買い物日記になってしまいそうですが、今日はいつものスーパーの、オーガニック系や今はやりのスーパーフード系の商品が売っているコーナーで、上の写真のマヤ産のプロポリスを見つけました。マヤ文明が栄えたユカタン半島では観光地カンクンが有名ですが、そこから車で1時間程南に行ったところに、リビエラ・マヤという最近話題のリゾート地があります。偉そうに書いてまだ私は行ったことがないのですが、ラベルを見ると、そこで瓶詰しているようです。米国やヨーロッパの観光客向けなのか、品よくいかにも効きそうなパッケージで、純度100%プロポリス、となっています。そんなに純度100%を強調されると、私がいつも自然食品店で買っているプロポリス(写真右)は純度が低いのかと不安になってしまいますが、値段はいつものに比べると3倍くらいでした。毎日飲むのはちょっと高いので、時々買ってみようかなと思っています。 先週書いたハロウィーンのコーナーは、今日はさらに拡大されていて、キャンデーのコーナーには上の写真のようにメキシカンハットが置いてあって、だんだんメキシコらしくなってきました。メキシコで、本当にこういうのをかぶって農作業とかしている地方があるのかよくわかりませんが、下のような帽子をかぶっている人は多いです。
これはお土産物用のキーホルダーですが、フェルト製の本物はこんな感じ↓↓↓で、高級品となります。実際に使うことはないと思いますが、これは絶対に買わねばと思って買いました。
ちなみにコロンビアの帽子といえば、コーヒー産地で使われるコレです↓↓↓。これは、空港のお土産物屋さんでかった安物です。
エクアドルは、なんといってもこのパナマ帽です↓↓↓。パナマ帽は、パナマではなくエクアドルが原産で、手作りのかなり高級品もあり、お金持ちや政治家などがよく使っています。ヤシの一種の葉っぱの細い繊維を織っていくもので、一つ作るのに何か月もかかります。これは頂き物です。
エクアドルのアンデス山脈のインディオ系の人たちは、つばのない帽子をかぶっていますが、これは、赤道直下なので陽が一日中真上から差す為です。行くと分かりますが、お天気が良い日は頭のてっぺんが、かなりじりじりします。なので、頭の上だけでもカバーする帽子は必須です。エクアドルに住んでから南米南端に近いチリに行った時に、陽が横から差して頬に当たるのに、違…

ハンモックで堕ちる

メキシコでは首都ではなく地方都市に住んでいますが、メキシコは米国のようにアパートやマンションではなく殆どが戸建てに住んでおり、賃貸の場合はマンションの家賃の方が戸建てよりもずっと高いので、私も中南米に住むようになって初めて、戸建てに住んでいます。
閑静な住宅地で、家屋面積よりも少し広い庭があり、リビングダイニングから張り出したポーチの屋根を、4本の鉄柱が支えています。 その鉄柱の上の方に溶接してとりつけた頑丈そうなフックがあり、これはもうハンモックだわと、早速近所の公園に週末行商に来ているおじさんからハンモックを買って、吊る下げてみました。
ハンモックと言えば、もう20年以上も前にスペインに住んでいた時に友人と旅行したメキシコのカンクンで、レストランの客のテーブルを回る物売りの子供を思い出します。 その子は私たちに一生懸命ハンモックを売りつけようとしていたのですが、スペインではマンション住まいだったし、どう考えてもハンモックは使いそうにありません。 「残念だけど、うちには木がないからハンモックは使えないのよ。」というとその子は、日本人は皆金持ちだから、家に木の生えた庭がないなんて嘘にきまっている、と言う顔をしました。
当然です。メキシコでは、低所得層でも戸建てに住んでいて、ハンモックを吊る木はなくても、農村だったらその辺の木や、都市部でも公園にハンモックを持って行って木に吊るしています。 そして公園には必ず、ハンモック売りがいます。 「あなたの家には木がなくても、お父さんの家にはあるでしょ?」と、その子はしつこく言ってきたのですが、両親の家にも木はないというと、メキシコに旅行に来ているくらいだし金持ちだろうと思ったけど、何か事情があって貧乏なのかもしれないと、その子はむしろ憐れむような眼をして行ってしまいました。
ハンモックは私にとってはむしろ、そこで寝転ぶというよりも、絵になるインテリアアイテムの位置づけでした。 トロピカルビーチに旅行に行って泊るバンガロー風のホテルの部屋には、よくハンモックが吊ってあったのですが、手荷物やタオルや脱いだ服置きに使って、そこで寝転ぶことはありませんでした。 ハンモックで寝ると体が「く」の字になって寝心地が悪そうだし、乗り降りが大変そうだし、優雅な金持ちがハンモックで寝ているイメージよりも、貧しい漁民が海辺のパーム林で一日中寝ているイメージがあったから…

サルサ、タンゴ

南米の音楽です。
週末に、開店直後で人出が少ないショッピングモールに行って、突然コロンビアでよく流れていたサルサの音楽がかかり、思わず腰が音楽に合わせて動きそうになりました。コロンビア人だったら、人目を全然気にしないで、その場で踊りだすと思います。サルサは特に大好き、というわけでないのですが、コロンビアに8年住んでいた間に、体にしみこんでしまったようです。でもこの曲は好きで、この曲のイメージで、カリブのリゾート地のカルタヘナに行った時に道端で上の写真の絵を買いました。下の動画の音楽です(動画は2分13秒です。)
この曲は普通は男性歌手が歌いますが、こんなお姉さんだと、女性も華やかで素敵です。 サルサは一見陽気なイメージですが、歌詞は意外と重いことがあります。この曲は、スペインの植民地時代に、スペイン人の地主が使用人の黒人女性を殴ったので、その旦那さんが、僕の愛妻を殴らないでくれとリフレインする歌です。ラテンに住むならサルサぐらい踊れるようになりたいと、サルサ教室に行ったことがあります。カリブの国ならどの国も踊りはうまいのですが、コロンビア人だけでなくキューバ人がうまいので有名なので、キューバ人の先生のところを選びました。初日は、大きな鏡の前で自分の姿を見ながら、まず音楽に合わせて足の動かし方を教わりました。そして2日目、3日目、サルサの「ステップ」に進んでいくんだろうと思いましたが、毎日毎日同じ繰り返しで、鏡の前で足を動かすだけです。それで4日目に辞めてしまったのですが、友人のコロンビア人の女性に「サルサってどうやって踊るの?」聞いたら、「目をつぶって、音楽を聴いて、貴女の内から湧き出るものに従って体を動かせばいいのよ」と言われました。それでハッと気が付きました。私は、先生は型にはまったステップを教えてくれるのだと思っていたのですが、サルサは日本舞踊ではありません。コロンビア人だったら、鏡の前で足を動かすうちに、音楽に合わせて自然に腰が動き、腕が動いていき、それを先生が単に矯正して形作っていくのではないでしょうか。下の動画(5分20秒)をご覧ください。向かって左のおデブちゃんは、サルサ教室に来ている生徒さんみたいですが、見様見真似でもちゃんと自分で踊れるようになっていくのがわかります。これはもう、「血」ですね。私は南米の音楽ではタンゴが憧れです。タンゴは、サルサのように…