スキップしてメイン コンテンツに移動

男の子と物理

高校3年生の息子が、来年から行く大学選びと入試準備をしています。

今メキシコで通っている高校は工科大学の付属高校なので、落第しなければそのままその大学に行けるのですが、やはり親の背中を見て育ったせいかメキシコに留まるつもりはさらさらなく、日本かヨーロッパの大学に行きたいそうです。家の息子は母親が怠慢で日本語が出来ないのですが、最近日本でも、外国人留学生向けに英語だけで受講できるコースのある大学が出てきているので、そういう大学を目指しています。ヨーロッパも、英語で学べるコースがある大学は数多くあります。

そうした大学に入る為には、アメリカ版センター試験であるSAT(大学進学適性試験)を受けなければならないのですが、希望するコンピューター・サイエンスのある学部に入る為には、数学、物理、化学の科目試験が必須です。その中で、物理はまだ学校で履修していないので、インターネットで独学で勉強しているのですが、面白いらしいのですね、物理が。

 

私は根っから文系なのですが、親の背中を見て育ったはずの息子は、昔から数学が好きな理系です。どうしてそんなことになったのかよくわかりませんが、私にとっては宿題が手伝えたのは算数までで、数学になるともう「ごめん、わからんわ」で逃げていました。

 

物理を勉強し始めて色々な法則の理論を学んでいるらしいのですが、慣性質量とか重力質量、重力加速度をどうやって計算するかとか、エネルギーの単位のジュールとか、男の子はそういうものにロマンを感じるのでしょうか。嬉しそうに、また得意そうに教えに来てくれます。そういえば私も高校の物理でやったかもしれないとは思うものの、その頃は既に文系に進むと決めていた私は、全くやる気のない科目でした。用語を日本語で何というのかは何となくわかるものの、それ以上は目が点のお母さんです。

息子はさすがにもう、私に教えてもらおうとは思っていないようですが、そういう子供の興味の芽は摘まないように、もっと興味を持つように、単なる相槌じゃだめだと思うものの、「へぇ~、そうなの。」としか言えない自分が情けないですね。たまに、「でも空気抵抗は?」と言ってやれるくらいです。というより、一生懸命聞いて理解したフリをするのも、かなりしんどくなってきました。最近では、「ねぇ、聞いて」と来るたびに、心の中でうぇ~んと泣く毎日。

 

私に言わせると、物理と言うのは暗記する事項はあまりなく、男性向きの理屈(理論)の世界で、一方化学はまだ暗記もあって白衣も着れて、女性向きなのではないでしょうか。確かに息子の学校でも、物理を選択する女生徒は皆無で、女の子は皆化学だそうです。私も、化学だったらもう少し興味をもって聞いてあげれるかもしれません。

台所で料理していて、何か新しいことを覚えた息子が「ねえ、聞いてよ」と来るたびに、やばい、来た来た、と思ってしまう今日この頃です。


上の写真は、エクアドルのガラパゴス諸島に行った時に撮った写真です。一見岩のように見えるごちゃごちゃしているのは、全部イグアナです。こういうものとか、恐竜が好きな男の子の習性も、理解できないものの一つです。子供が小さい頃、家の中に恐竜の玩具が散乱していた時も、うぇーんと泣きたい心境でしたっけ。


コメント

このブログの人気の投稿

今日の収穫と、ラテンの帽子イロイロ

なんだか毎週土曜はお買い物日記になってしまいそうですが、今日はいつものスーパーの、オーガニック系や今はやりのスーパーフード系の商品が売っているコーナーで、上の写真のマヤ産のプロポリスを見つけました。マヤ文明が栄えたユカタン半島では観光地カンクンが有名ですが、そこから車で1時間程南に行ったところに、リビエラ・マヤという最近話題のリゾート地があります。偉そうに書いてまだ私は行ったことがないのですが、ラベルを見ると、そこで瓶詰しているようです。米国やヨーロッパの観光客向けなのか、品よくいかにも効きそうなパッケージで、純度100%プロポリス、となっています。そんなに純度100%を強調されると、私がいつも自然食品店で買っているプロポリス(写真右)は純度が低いのかと不安になってしまいますが、値段はいつものに比べると3倍くらいでした。毎日飲むのはちょっと高いので、時々買ってみようかなと思っています。 先週書いたハロウィーンのコーナーは、今日はさらに拡大されていて、キャンデーのコーナーには上の写真のようにメキシカンハットが置いてあって、だんだんメキシコらしくなってきました。メキシコで、本当にこういうのをかぶって農作業とかしている地方があるのかよくわかりませんが、下のような帽子をかぶっている人は多いです。
これはお土産物用のキーホルダーですが、フェルト製の本物はこんな感じ↓↓↓で、高級品となります。実際に使うことはないと思いますが、これは絶対に買わねばと思って買いました。
ちなみにコロンビアの帽子といえば、コーヒー産地で使われるコレです↓↓↓。これは、空港のお土産物屋さんでかった安物です。
エクアドルは、なんといってもこのパナマ帽です↓↓↓。パナマ帽は、パナマではなくエクアドルが原産で、手作りのかなり高級品もあり、お金持ちや政治家などがよく使っています。ヤシの一種の葉っぱの細い繊維を織っていくもので、一つ作るのに何か月もかかります。これは頂き物です。
エクアドルのアンデス山脈のインディオ系の人たちは、つばのない帽子をかぶっていますが、これは、赤道直下なので陽が一日中真上から差す為です。行くと分かりますが、お天気が良い日は頭のてっぺんが、かなりじりじりします。なので、頭の上だけでもカバーする帽子は必須です。エクアドルに住んでから南米南端に近いチリに行った時に、陽が横から差して頬に当たるのに、違…

ハンモックで堕ちる

メキシコでは首都ではなく地方都市に住んでいますが、メキシコは米国のようにアパートやマンションではなく殆どが戸建てに住んでおり、賃貸の場合はマンションの家賃の方が戸建てよりもずっと高いので、私も中南米に住むようになって初めて、戸建てに住んでいます。
閑静な住宅地で、家屋面積よりも少し広い庭があり、リビングダイニングから張り出したポーチの屋根を、4本の鉄柱が支えています。 その鉄柱の上の方に溶接してとりつけた頑丈そうなフックがあり、これはもうハンモックだわと、早速近所の公園に週末行商に来ているおじさんからハンモックを買って、吊る下げてみました。
ハンモックと言えば、もう20年以上も前にスペインに住んでいた時に友人と旅行したメキシコのカンクンで、レストランの客のテーブルを回る物売りの子供を思い出します。 その子は私たちに一生懸命ハンモックを売りつけようとしていたのですが、スペインではマンション住まいだったし、どう考えてもハンモックは使いそうにありません。 「残念だけど、うちには木がないからハンモックは使えないのよ。」というとその子は、日本人は皆金持ちだから、家に木の生えた庭がないなんて嘘にきまっている、と言う顔をしました。
当然です。メキシコでは、低所得層でも戸建てに住んでいて、ハンモックを吊る木はなくても、農村だったらその辺の木や、都市部でも公園にハンモックを持って行って木に吊るしています。 そして公園には必ず、ハンモック売りがいます。 「あなたの家には木がなくても、お父さんの家にはあるでしょ?」と、その子はしつこく言ってきたのですが、両親の家にも木はないというと、メキシコに旅行に来ているくらいだし金持ちだろうと思ったけど、何か事情があって貧乏なのかもしれないと、その子はむしろ憐れむような眼をして行ってしまいました。
ハンモックは私にとってはむしろ、そこで寝転ぶというよりも、絵になるインテリアアイテムの位置づけでした。 トロピカルビーチに旅行に行って泊るバンガロー風のホテルの部屋には、よくハンモックが吊ってあったのですが、手荷物やタオルや脱いだ服置きに使って、そこで寝転ぶことはありませんでした。 ハンモックで寝ると体が「く」の字になって寝心地が悪そうだし、乗り降りが大変そうだし、優雅な金持ちがハンモックで寝ているイメージよりも、貧しい漁民が海辺のパーム林で一日中寝ているイメージがあったから…

サルサ、タンゴ

南米の音楽です。
週末に、開店直後で人出が少ないショッピングモールに行って、突然コロンビアでよく流れていたサルサの音楽がかかり、思わず腰が音楽に合わせて動きそうになりました。コロンビア人だったら、人目を全然気にしないで、その場で踊りだすと思います。サルサは特に大好き、というわけでないのですが、コロンビアに8年住んでいた間に、体にしみこんでしまったようです。でもこの曲は好きで、この曲のイメージで、カリブのリゾート地のカルタヘナに行った時に道端で上の写真の絵を買いました。下の動画の音楽です(動画は2分13秒です。)
この曲は普通は男性歌手が歌いますが、こんなお姉さんだと、女性も華やかで素敵です。 サルサは一見陽気なイメージですが、歌詞は意外と重いことがあります。この曲は、スペインの植民地時代に、スペイン人の地主が使用人の黒人女性を殴ったので、その旦那さんが、僕の愛妻を殴らないでくれとリフレインする歌です。ラテンに住むならサルサぐらい踊れるようになりたいと、サルサ教室に行ったことがあります。カリブの国ならどの国も踊りはうまいのですが、コロンビア人だけでなくキューバ人がうまいので有名なので、キューバ人の先生のところを選びました。初日は、大きな鏡の前で自分の姿を見ながら、まず音楽に合わせて足の動かし方を教わりました。そして2日目、3日目、サルサの「ステップ」に進んでいくんだろうと思いましたが、毎日毎日同じ繰り返しで、鏡の前で足を動かすだけです。それで4日目に辞めてしまったのですが、友人のコロンビア人の女性に「サルサってどうやって踊るの?」聞いたら、「目をつぶって、音楽を聴いて、貴女の内から湧き出るものに従って体を動かせばいいのよ」と言われました。それでハッと気が付きました。私は、先生は型にはまったステップを教えてくれるのだと思っていたのですが、サルサは日本舞踊ではありません。コロンビア人だったら、鏡の前で足を動かすうちに、音楽に合わせて自然に腰が動き、腕が動いていき、それを先生が単に矯正して形作っていくのではないでしょうか。下の動画(5分20秒)をご覧ください。向かって左のおデブちゃんは、サルサ教室に来ている生徒さんみたいですが、見様見真似でもちゃんと自分で踊れるようになっていくのがわかります。これはもう、「血」ですね。私は南米の音楽ではタンゴが憧れです。タンゴは、サルサのように…